パナホーム愛岐スタッフブログ

3ヶ月表彰にて

2019年11月26日(火)

投稿2回目となります。エクステリア担当の島村です。

先日会社で、高山のレストランにて御食事を頂きました。

ちなみに、そのレストランが

 

 

 

に今年掲載された店で、高山でも超有名な創作フレンチの店です。

早速ですが、芸術的なお料理の数々をご紹介していきたいと思います。

まず1品目。

 

 

 

 

見た目がガラッと変わり、おいしそうに熟成されたイノシシくん。油がすごく甘くおいしかったです。

では2品目。

 

 

 

 

なんと、みなさんも一度は会話の流れで聞き直した事があると思う、牡蠣と柿の共演です。

上はパンですが、実はその下には牡蠣を使ったパテ。手前にはコボレ落ちたかの様な柿のソース。

この2組が夢のコラボを。。こんなに相性がいいなんて初めて知りました。スゴイ

つづいて3品目ですが、尺の都合上ここからペースUPします。

 

 

 

 

3品目。リゾットの中を泳ぐAYU。混ぜる事で鮎の苦みやうまみをチーズリゾットが包んでくれて、相性抜群でした。

4品目。白いモコモコスープ。これもまた、手前のカボチャの天婦羅がインパクト大。

コーヒーカップと天婦羅の組合せなんて見た事ないです。目でも楽しめます。

5品目は、見てスグ分かるこのフォルム。食べる前から「おいしい」を確信してました。銀鮭、味が濃くおいしかった。

そして6品目。高山といえば・・・

 

 

飛騨牛ですよね~。文句なしの旨さ。肉の旨味が「ギューーーッ」って詰め込まれたあじ・・で・・・。

・・・・・・・・。

 

最後に・・・忘れた頃にスゥィーーーーツ!!

 

 

 

どの料理も本当においしかったです。

 

芸術的な食事の数々でしたが、最後に現実の世界へ・・・

 

次の日の朝食です。

なぜかこの写真が、一番ホッとします。

また忘れた頃に、食べに行けたらいいのかなぁ~と思う貴重な経験でした。

 

それでは次は、高山で町の案内をしてくれた谷口さんお願いします。

category: お知らせ